バイク買取・売却・査定ガイド / モータートレード

バイク買取|モータートレードHOME バイク買取査定
オンライン査定
バイク買取・売却・査定ガイド

バイク買取・売却・査定ガイド 知っていると何かとお得です。

◇査定・買取・下取り価格について

モータートレード一括査定では、お客様のバイクの人気や装備、仕様などの付加価値を考慮して査定買取相場を提示しています。通常の買取・下取り査定だと、正当な評価を得られない場合が多くあります。そのため、売却や買換えの際は、所有しているバイクの本当の査定額を知ることが重要です。

◇買取店に売却する場合と、ディーラーに下取りしてもらう違いは?

一般的に金額の差以外に違いはありません。「人気のあるバイク」「スポーツタイプ」「改造・カスタム」「輸入バイク」の他、査定が難しいバイクなどは買取店に出す方が、大幅に査定額が高くなる傾向があります。

ドラッグスター 査定例
改造・カスタム : ハンドル、マフラー、ステップ、オプション、その他、、、の場合

ブラック・ホワイト・その他人気色 +7万円高 ドラッグスター
ハンドル 社外・カスタム +1万円高
マフラー 社外 +2万円高
オプション、その他カスタム オプション、その他カスタム +2万円高
  合計 12万円高

人気や改造・カスタムで査定・買取額が大きく違ってきます。モータートレード 一括査定では自分のバイクの本当の価値(買取相場)がわかり、査定買取店やディーラーとの交渉がスムーズに進み、高い査定額が出やすくなります!

一括査定ではバイク王・バイク査定ドットコム・ゲオバイク・バイクボーイ・ロミオ・バイク買取センター、、などの大手・優良査定買取会社多数と提携し、一括査定が可能で、各社独自の方針で付加価値を高く評価した高額査定と万全のアフターケアを提供しております。
また、バイクの買取相場情報をメールでお知らせするので類似のバイクの買取相場もわかります。
愛車の人気ポイントをアピールしてバイクを高く売ろう!

バイク査定例

GSX1300R ドラッグスター スカイウェイブ フォルツァ スティード XJR400 アドレス ゼファー シャドウ SR400
CB1300SF マジェスティ イントルーダー マグザム ドゥカティ ハーレー BMW CB750 ZRX
CB400SF フュージョン グラストラッカー シグナス エイプ

◇税金、名義変更、手数料などは?

バイクの税金は、毎年4月1日に所有しているユーザーに支払い義務があり、売却した場合でも必ずしも旧ユーザーへ返却する義務がないので、契約時に確認した方がよいでしょう。3月4月の納税時期には税金の負担方法を明確にした方がよいでしょう。名義変更に関しては業者により期間の差がありますが、1ヶ月程度になります。手数料は、一般に下取りや買取では発生しないので(ローン残債処理でも)、契約の時に確認した方がよいでしょう。

ローン、残債について

ローン中のバイクでも、残債の一括返済や相殺などでバイクを売却することが可能です。所有者がディーラーや信販会社になっている場合は、名義変更する前に残債の一括返済が必要ですが、売却(買取業者に出す)の際に一緒に行えます。

◇廃車、解体費用について

バイクを廃車にする、または解体業者に出す場合は費用がかかります。リサイクル料金支払いの兼ね合いもありますが、一般のバイクで1~2万円がおおよその相場です。また、査定額がつかないと思っているバイクでも、予想外に高い査定額がつく場合もあるので、確認した方がよいでしょう。

中古バイク海外輸出について

バイクは車と違い右ハンドル・左ハンドルに分かれていません。また日本のバイクはスピードメーターがkm表示です。こうした理由から、日本のバイクは海外で人気が高く、多くのバイクが中古バイクとして輸出されています。国内だけでは買取ったバイクを販売しきれないため、市場を通じて多くのバイクが海外へ流れているのが実情です。
スクーターから大型バイクまで、あらゆるジャンルのバイクが輸出されていますが、中でも人気が高いバイクはスポーツタイプやアメリカンタイプ。中でもハーレーは人気が高いので、多くが輸出されています。人気のバイクはその多くが輸出されるので、買取業者が高値で買取るケースが多々あります。

◇個人売買について

一般ユーザー同士が取引を行う場合、車の売買と同様にバイクの整備知識、事故歴の有無の確認、車両価格の相場などがわからず、トラブルの際責任の所在を明確にするのが難しいのが実情です。また、個人間での売買では一般の販売業者からの購入に比べ、整備や加修、保証がないので、中古バイク雑誌やネットオークションはあまり参考になりません(輸入バイクは整備や保証のコストが高いのでこの傾向が強い)。また、高額車両に関する個人売買は様々なリスクが考えられるので、注意した方がよいでしょう。

例1:「電話やメールでのやり取りにより50万円で話がまとまったが、実際に支払われた金額は30万円だけだった」
例2:「分割払いで契約したが、途中から支払われなくなった」
例3:「売却時にはエンジンなどの機関に問題はなかったのに、売却後にクレームがつき、高額な修理費を請求された」
例4:「個人売買でバイクを買ったが、事故車だった、またはメーター戻しだった」※このようなケースで、意図的に騙した場合は詐欺になります。

◇売却に必要な書類

標識交付証明書(125cc以下) 軽自動車届済証(250cc以下) 自動車検査証(上記以上の排気量の場合) 自賠責保険証 免許証(他、身分証明書でも可) 印鑑

ページの先頭へ戻る